エアコン工事業者の選び方

新しくエアコンを購入される際に、取り付けをどこの業者に依頼すれば良いのかという問題が出てきます。特に初めて購入される方は、依頼するエアコン業者によってどういった違いがあるのかわからず不安になるかも知れません。

基本的にエアコンを販売しているお店なら、どこのお店からでもエアコン工事業者を手配する事が可能であり、購入と同時に依頼ができるため、利用される方も多いと思います。また、手間はかかりますが自分で業者を探して直接依頼することも可能です

販売店に手配を依頼する場合、実際に工事を行うのは、提携する下請け業者であることがほとんどであり、工事料金に関するトラブルが発生するケースも少なくないようです。

このようなトラブルを未然に防ぐためにはどうすればよいのでしょうか。料金トラブルの具体例を挙げて説明いたします。

料金トラブルの原因

見積りエアコンを購入する際に、量販店やネット通販を利用される方が多いと思いますが、販売店で取り付けを依頼する場合、販売店とは関係のない別の会社に発注されることになります。

例えばお客様が工事費用を15000円支払ったとすると、そのうちの何割かが販売店にバックマージンとして差し引かれ、残りの金額が工事業者に入ることになります。つまり、工事業者は相場よりも低価格で注文を受けるため、利益を出すために追加工事をすすめられるケースが多いようです。必要な追加工事なら良いのですが、お客様とのやりとりがうまくいかず、料金トラブルに発展してしまうことがあるようです。

料金に関するトラブルを未然に防ぐためには、事前の見積りのやり取りをしっかり行う必要があります。また、工事内容についてしっかり説明を行ってくれる業者を選ぶと良いでしょう。そのためには信頼できる業者を自分で見つけることがベターですが、どのような方法で選択すればよいのでしょうか。

トラブルを未然に防ぐために

エアコンの取り付けは、販売店を通じて業者に依頼するよりも、自分で業者に直接依頼する方法がおすすめです。どのようにして業者を探せばいいかわからない方もいらっしゃると思いますが、ホームページを持っている業者をネットで検索する方法が便利です。

「地域名+エアコン取り付け」とネットで検索すれば、近くの地域の工事業者が見つかるので、それぞれの内容を参考に比較・検討されることをおすすめします。地域密着の工事業者の場合、依頼者には長い付き合いのできる顧客になってもらうことを第一に考えます。料金に関する説明が不十分であるなど、依頼者にとって不利益な行為をすれば評判を落とし、その地域では仕事ができなくなるため、そういったトラブルの心配が少ない点がメリットです。

エアコンの販売店以外で工事業者を手配するのは手間がかかりますが、安心して利用できることを考えれば、メリットは大きいと言えるのではないでしょうか。

見積りサイトを利用しよう

見積サイト活用
引用 ‘エアコン取り付け見積サイト/エアコンサポートセンター

エアコンの工事業者を選ぶに当たって、どのようなポイントで選択すれば良いのか迷いがちだと思いますが、気になるのはやはり料金面ではないでしょうか。できるだけリーズナブルな金額で、良質な工事を行ってもらいたいというのが本音ですよね。依頼する前に、どれくらいの金額が請求されるのかわかっていれば安心です。

そういった方に是非利用していただきたいのが、インターネットの見積りサイトです。多くの業者が、ホームページの専用フォームから見積りを依頼できるサービスを行っているので、利用されてみてはいかがでしょうか。

見積り依頼フォームには様々な項目があります。設置する場所などの条件によって、見積金額が変わってくるためです。初めて見積りを経験される方は、提示された金額が適正なのかわからず、戸惑われることも多いと思います。その疑問の解決のために、まずはエアコンの取り付け工事の見積り方法について、基本的なことを知っておきましょう。

エアコン取り付け工事の見積り方法

エアコン取り付け工事の見積金額は、工事内容の種類によって変わってきます。単にエアコンを取り付けるだけなのか、古いエアコンを取り外して新しいエアコンを取り付けるのか、またそのエアコンが中古なのか新品なのかによっても工事内容が変わるため、見積額に影響します

見積りを依頼する前に、エアコンの容量・機種・型番の確認も必要です。何畳用か、もしくは冷房能力が何キロワットのものかによって工事費が変わります。室内機と室外機の位置関係などでも材料費は異なります。室外機の位置によっては、追加費用が発生する場合もあります。また、エアコンを設置するためには、配管を通すために必要な穴と電源コンセントが要ります。電圧などの違いで、専用コンセントが使用できない場合は、追加工事になります。

その他に、取り付けた配管の見た目が気になる場合に、配管に化粧カバーを取り付けるなどの特殊工事が必要になる場合があり、そういった事前に見積もることができない費用に関しては、追加で発生する可能性もあることを知っておきましょう。

このように、見積金額には様々な条件が影響します。見積りサイトを利用する前に、確認すべき事項をチェックしておきましょう。

まとめ

ご紹介したように、エアコンの取り付け工事を依頼する業者は、販売店に手配してもらうことも可能ですが、料金トラブルが発生するケースもあるため、信頼できる工事業者を自分で選ぶことがおすすめです。

業者選びにはインターネット検索を利用するのが便利です。ホームページにはそれぞれの業者のアピールポイントが記載されていますが、地域密着を謳っている業者を選べばトラブルの心配も少なく、困ったときもすぐ駆けつけてくれるというメリットもあります。

また、工事費用が適正であることも重要なポイントです。業者選びの際には、見積もりサイトを利用すれば大体の工事金額を知ることが可能です。基本的な見積もりの方法と、事前に確認しておくべきことをチェックして、見積もりを依頼すると良いでしょう。

見積もりだけではなく、気軽な相談を受け付けてくれるサイトも多くあります。納得のいく工事を行うために、対応の良い業者を選ぶことをおすすめします。

Pocket